読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知の知

気になったニュースとか、読んだ本とか、いろいろ・・・

3Dプリンターの進化っぷりがすごい!人間のコピーも?!

こんにちわ。最近、花粉症気味でティッシュの減りが早すぎるとんかつタイガーです。

今日は、なぜか3Dプリンターが面白かったので書いてみました。

 

3Dプリンティング技術や3Dプリンターという言葉は、広く世の中に浸透し市民権を得たと思っています。しかしながら、まだまだこれらを利用したモノは身近にはないように思います。近ごろの3Dプリンティング技術について、いろいろ調べてみました。すると、単なる試作品製造機や手軽なツール、安っぽい小道具、おもちゃなんて代物ではなく、これらをはるかに超えた存在になっていたのです。

そもそも、3Dプリンターってなに?

 

 ボクたちが普段使っている通常の紙に平面(二次元)的に印刷することに対して、データをもとに立体(3次元)のモノを造形する技術です。一般的に、3Dプリンターと言われています。難しいことを言うと、造形方式で「光造形法」「粉末法」「熱溶解積層法」「シート積層法」「インクジェット法」の5種類があるんだそうな。

 

3Dプリンターってどんなの?役に立つの?ってか、高そー 

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

 

 むむ、やはり思ったより高い・・・。

Amazonで、安いやつでも34,000円(新品)くらいか。高いやつだと、20万も30万もします。ま、これは、2Dのプリンターも一緒か。。大事なのは、何が出来るかですよね。設計図があれば何でもできちゃうなんてのは、ドラえもんの世界が現実になってるってことですよね

ちなみに、ドラえもんの道具では、「立体コピー紙」なるものがあります。https://res.cloudinary.com/hstqcxa7w/image/fetch/a_exif,c_fit,dpr_1.0,f_auto,fl_lossy,q_80/http://img.manba.co.jp/clip_art/clip/11784/o0480035713004152372.jpg

この紙の上に物を乗せると、その物と寸分違わない立体的な複製品が紙から出てくる。人間の複製もできる。ただしあくまで形をコピーするのみで、本物のように動くことはないが、手足の向きをいじってポーズを取らせることはできる。また大変軽く、風が吹いただけで空に飛ばされてしまい、水にも浮く。乗り物はやはり動かすことはできないが、中に乗りこむことはできるので、風に飛ばせて動いているように見立てて遊ぶことなどは可能。(Wikiより引用・抜粋)

 ちなみに、日本プリンティング産業技術協会なるものも存在します。

3dprint.or.jp

実際、どんなものが作れるの?

 さっき登場した、Amazonで34,000円の3Dプリンターだと、こんなのが作れるそうです。昔で言う、キン消しですかね・・・w

f:id:tonkatsutaiger:20170302120228j:plain

jp.xyzprinting.com

プリンターメーカーによると、

XYZプリンティングジャパンでは、パーソナル、ファミリーとプロシューマ向けに溶解樹脂積層法(FFF)、光造形方式(SLA)の3Dプリンターを開発、販売し、誰もが手軽に購入でき、誰でも簡単に扱える操作性を特長とした3Dプリンタ-を提供しております。3Dスキャナー機能搭載の3Dプリンター、2色印刷が可能な3Dプリンターなど多様なモデルもございます。また3Dモデリングデータも ギャラリー にて無料ダウンロードが可能です。3DプリンターならXYZプリンティングにお任せください。

詳しくは、こちら(XYZプリンティングジャパンのページ)↓↓↓

WhatIs3DPrinting

 

3Dモデリングデータをダウンロードすると、

こんなおもちゃとか、

https://twportal.blob.core.windows.net/878thumbnail/201610014415878_1487662353831.jpg

 

こんなアクセサリーとか、

https://twportal.blob.core.windows.net/024thumbnail/201504287033024_1442969929207.jpg

 

こんな便利グッズとか、

https://twportal.blob.core.windows.net/024thumbnail/2015030415134024_1430206441644.jpg

 

スマホケース!

 

https://twportal.blob.core.windows.net/024thumbnail/2015030415134024_1427274184534.jpg

 

こどもの学習教材、

https://twportal.blob.core.windows.net/950thumbnail/201505118019950_1438065496395.JPG

 

これは、写真立て。

https://twportal.blob.core.windows.net/330thumbnail/201311260000330_1415164352638.jpg

 アート作品、

https://twportal.blob.core.windows.net/679thumbnail/201405020305679_1412322350048.jpg

 

むむむ、なるほど。

 

すべて、メーカーサイトからデータをダウンロードして、プリンターで印刷すれば、できちゃうだそうな!

 

必要なのは、想像力とXYZのプリンターだけ!

 

ちなみに、ボクはXYZプリンティングの回し者ではありませんよww

よかったらお試しあれ!

 

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

 

 ちなみに、材料は??

ABSフィラメントだそうです・・・ってか、なにそれ。。

jp.store.xyzprinting.com

 

 

ざっくり言うと「樹脂」なんだとか。

f:id:tonkatsutaiger:20170302174619p:plain

いろんな色をセットして、ミックスして、層にして物体を作るんだそうな。

 

ほーー

 

これ1台あれば、なんでもできちゃうってわけね。

ほんと、ドラえもんの世界に近づいてる感じ。スゴイっすねー!!!

 

3Dプリンティング技術の進化っぷり

13年度に火が付いた3Dプリンターですが、製造業で導入が進むだけではなく、今、あらたなビジネスとして3Dプリンターを使ったプリントサービスが登場し始めているようです。最新の3Dプリンター事情について、しらべてみました。

ベルギーの3Dプリントソフトウェア会社 Materialise(マテリアライズ)社

下写真は、米GEとの共同製作した、EAP エンジン用燃料ノズル。GEで機械技術統合部のリーダーを努めるショーン・キース氏は、「ものづくり企業が3Dプリントの力を借りて生産ラインに変革を起こしたいなら、今がその時。GEでもそれは意識している」と強調している。ほんとに革命的にすごい技術ですが、今後エンジンだけでなく、ほかのパーツも3Dプリンターによる大量生産が可能となれば、日本が高い技術を誇る鋳造業は儲からなくなりますねぇ。。

 

http://www.materialise.co.jp/blog/wp-content/uploads/2017/01/GE-3d-printed-LEAP-engine-fuel-nozzle-.jpg

マテリアライズ社の日本法人 Materialise Japan 

3DバイオプリンターのCellink社 3Dバイオプリンター INKREDIBLE/INKREDIBLE+

http://www.filgen.jp/Product/SI/Cellink/image1.jpg

 

http://www.filgen.jp/Product/SI/Cellink/image5.jpg

 

https://3dprint.com/wp-content/uploads/2015/06/cellinkfeatured.png

ヒト細胞を使用して3次元モデル作成が可能な小型のベンチトップ3Dバイオプリンター。ヒト組織のバイオプリンティング及び3次元細胞培養のために最適化された究極のデスクトップバイオプリンターです。スタンダードなInkredibleと、クリーンチャンバー機能を備えるInkredible+の2タイプがラインナップ 

医療への活用は、ほかにもあります。

下サイトでいくつか紹介されてます。英語はわかりませんけど、写真を見るとなんとなく。すごいことになってます。歯、骨、皮膚・・・。もはやSFの世界。

www.ikedahayato.com

 

素材も進化してます。

www.krk.co.jp

キョーラク株式会社と株式会社SMPテクノロジーズは、共同開発した人体に優しく医療・教育分野で使用可能な形状記憶フィラメント『SMP55』(6,600円 )を発売したようです。この素材のすごいところは、造形後に形を変えられる素材で、これも医療などに利用できるとか。

ここまで来たか!!食用3Dプリンター

Natural Machine社のFoodiniという商品です。 発売は、2014年と少し前だが、全然話題にならなかったような・・・

http://www.3d-caddata.com/news/wp-content/uploads/2013/12/Foodini3.png

http://www.3d-caddata.com/news/wp-content/uploads/2013/12/Foodini2.png

上画像はハンバーガーを作っている様子です。あんまり見たくはないですね。。。

これに限っては、使用用途の広がりがなさそう。味とか栄養素とかを自由にデザインできるようになれば、すこし話題になりそう。

 

いまのところ昭和の大発明、うどん自動販売機の勝ち!!!!!FOODINIを作ってるNatural Machine社の皆さん、日本にはずっと昔から、こんなすごいものがあったんですよ。

http://blog-imgs-12.fc2.com/s/u/z/suzumeketaro1/201103050744136ae.jpg

 

 

まとめ

医療や一部製造業では、今後、プリンター本体と素材の進化によりさらなる革新が期待できますね。最終的には、ドラえもんの立体コピー紙のように、人間もコピーできる日が来るかもしれません。家庭用では、もっともっと価格が安くなれば、各家庭に1台という時代は間違いなく来るでしょうね。楽しい未来が待っています。

 

長文・駄文を最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

もっと面白い記事を書けるように、頑張ります。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします!